LAN配線も行う

この記事を共有する お気に入りに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加
電話工事と言えば、字義通り、電話のみの工事というイメージがあります。
近年では、企業において、固定のみならず、社内においても、携帯電話を利用し、PHSを利用しているところもあるようです。
もちろん、社内対応用の無線電話も、電話工事業者が請け負うようになっています。

けれども、今日では、コンピュータシステムを利用することが当たり前であり、電話工事でも、その関係の業務を行うようになっています。
おそらく、コンピュータシステムが、企業で利用され始めた以降から、継続していると思います。
コンピュータシステムと言っても、サーバの設定などは、ITソリューション企業などが担当し、電話工事では主に配線となります。
皆さんも、ADSL以降のブロードバンドをお使いならお分かりかと思いますが、コンピュータシステムには、LANケーブルが必要です。
LANケーブルがなければ、コンピュータ間のデータ通信も不可能であり、もちろん、インターネット通信もできません。
そのため、配線業者に依頼することで、作業をしてもらうことになります。
小規模なものであれば、床にタップをつけるだけで問題ありませんが、規模が大きくなればなるほど、配線も複雑になります。
場合によっては、LANケーブルと言えど、天井裏を通したりする必要があります。
しかも、100メートルまでがデータ伝送の限界でもあり、仮に100メートル以上距離があれば、ジョイントの方法も、IT部門との協議などが必要になるでしょう。

さらに、インターネット通信の技術が進歩しているということは、それに伴うLANケーブルも、古いものから新しいものへ交換する必要があります。
当然、その交換作業も、電話工事業者が請け負います。
ネット会議はエヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ(webconnectミーティングセンタ)。NTTコミュニケーションズ が提供する、離れた拠点でのリアルタイム会議システム
記事検索

Web検索 ページ内検索
Copyright (C)2014パソコンQ&A!困ったトラブル解決方法.All rights reserved.